効果的な育毛剤の使用方法について

現在市販の育毛剤はスーパーやドラッグストア、インターネットなどで多数販売されていますが、購入する際には薄毛を悩みを少しでも早く解消するためにもその種類や使用方法などを確認することが重要です。

一口に育毛剤といってもその商品は医薬品か医薬部外品に分かれていて、医薬品の場合には第1類医薬品に指定されていて薬剤師の指導の下でしか販売できないものもあります。そのため取り扱いが難しい医薬品の育毛剤に関しては、効果がかなり高いことが期待できます。

一方で医薬部外品の育毛剤に関しては医薬品でないということから、薬剤師のいないスーパーなどの店舗でも取り扱っていて比較的簡単に手に入るものです。しかし医薬部外品だけにその効き目は医薬品の育毛剤と比較すると弱くなりがちです。

しかし医薬品でない分頭皮に負担をかけにくいということからすでに薄毛になっている場合には医薬品の育毛剤を使用し、まだ薄毛にはなっていないけれども抜け毛や生え際などが気になっている場合には医薬部外品を使用するのが望ましいです。

また医薬品医薬部外品に関わらず、人によってその商品が合う合わないがあります。1か月間程度使用しても効果がなかったので使用を中止するのはまだ早く、せめて3か月は継続して使用することが重要です。

髪は1か月に約1㎝程度伸びるのですが、1か月だと薄毛が改善されていても生えた髪が短すぎて気づかないことが多いです。

しかし改善されて3か月だと約3㎝程度伸びていることから、薄毛の改善具合を実感することが多いことから効果がなくても継続して使用すべきなのです。

さらに現在市販されている商品は皆育毛剤と思われがちですが、実際には育毛剤のみならず発毛剤というものもあります。

発毛剤はすでに髪が生えずに毛根だけが残っている部分がある場合、再びその部分から髪を発毛させる効果があるといわれているものです。

そのため使用されている成分が強くなっているということで、医薬品指定されている商品のほとんどが発毛剤となっています。

一方で育毛剤はすでに生えている髪を健康に伸ばしたり太くしたりするような効果や効き目が期待されているということで医薬品でも第3類に指定されていたり医薬部外品になっていることがほとんどであり、発毛剤よりは薄毛改善しづらいものとされています。

このことからも完全に薄毛の状態になっている場合には医薬品に指定されている発毛剤を使用するのが望ましいのです。

育毛剤と発毛剤の決定的な違いって?→https://ikumoufirst2018.com/