青臭さが気になる?青汁を美味しく飲むために混ぜ物を工夫しよう

青汁をおいしく飲む
野菜不足の解消に、美容や健康のために青汁を摂取しているかたは少なくありません。手軽に摂れるように1回分の量が小分けになっている粉状のものが売られており、水分に溶かすだけで飲むことができるようになっているのも便利です。

青汁はさまざまな原料のものが売られていますが、各メーカーで工夫を凝らしており、苦味がある、青臭いといった飲みにくさがかなり解消されてきました。

そのため、基本的には水だけで摂取をしやすくなっていますが、だからといって緑色野菜の独特の癖が全てなくなるわけではありません。

豊富な栄養を含んでいることがわかっていても、味が合わずに飲み続けるのが困難だというかたも少なくないのです。しかし、青汁は水以外の他の混ぜ物を利用することで、さらに栄養をプラスして美味しく飲める工夫をすることができます。

よく用いられているのが牛乳や豆乳です。それ自体も癖がある味がありますが、青汁の癖との相殺効果で非常にマイルドな口当たりになります。

牛乳の場合にはタンパク質やカルシウムも同時に摂取できるため、成長期の子どもの摂取にもおすすめです。豆乳はイソフラボンや葉酸、ビタミンや鉄分など美容効果が高いものが豊富であることから、女性に人気となっています。

それぞれきな粉、すりゴマなどを混ぜて飲むとコクがある美味しいドリンクになり、お腹にも溜まりやすくなるためダイエット中のかたにもおすすめです。

また、野菜ジュースを使った飲みかたはなるべく砂糖不使用のものを選び、カロリーと糖分過多にならないように気をつける必要があります。

野菜の自然な甘みを楽しめること、緑色野菜が原料の青汁と非常に馴染みやすいことで、双方に含まれた栄養が喧嘩をせずに身体に効率よく作用する飲みかたです。

青汁は薬のように摂取する時間が決められているものでもなく、好きなタイミングで摂り入れられますが、1日の摂取目安量を守らなければ豊富な食物繊維が含まれていることでお腹が緩くなってしまうなど不調の原因になるため注意をしましょう。

いずれの飲みかたでも青汁の苦味が残ってしまうように感じる場合には、少量の甘味料を入れるとマイルドな味わいになります。

砂糖でも構いませんが、栄養価が高く解けやすいハチミツや黒蜜、腸内で善玉菌を増やす餌になるオリゴ糖などを利用するのがおすすめです。

青汁の効果を感じるためには、継続的な摂取をすることが大切になります。美味しく飲める方法を探して、ストレスなく続けられるようにしてください。