使う前に気をつけたいクレジットカード現金化の落とし穴

クレジットカード現金化の落とし穴
急にお金が足りなくなって給料日までまだ日があるってのに大ピンチな人は必ず何処かに一人や二人はいると思います。

そんな時に、クレジットカードを持っていれば簡単に現金を用意する方法としてクレジットカード現金化が好まれてきています。

ただこのやり方は簡単な反面つい見落としてしまいがちな落とし穴があります。その中から特に引っかかりやすい物を挙げていきましょう。

現金化出来るのはショッピング枠の空き次第

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用して現金化はしますが、ショッピング枠全部を現金化出来る訳ではありません。

現金化前に利用し支払いの途中の状態で申し込むとその分現金化出来る金額は減ってしまいます。

例えば総額50万円のショッピング枠の内既に10万円程使ってその内約4万円程返済が終わっていれば申し込み時点で現金化の際に使用できるショッピング枠は44万円になります。

逆を言えば既に返済終了しているもしくは手を付けていない真っ白な状態だと全額使えます。ショッピング枠の中から何処まで現金化出来るかは自分の利用状況次第に左右されます。

現金は換金率に基づいて振込まれる

クレジットカード現金化はショッピング枠でまずは業者の指定する商品を購入し、それらを元に業者の方で現金が振込まれる物で現金化とは言っているが実質は商品の買取りと同じです。

その為現金化の際に貰える金額は、業者側で換金率を元にしている為全額そのまま貰えるとは限りません。

現金化する際は換金率をチェックしてからじゃないと、想像してたのよりも安いと落胆してしまうでしょう。

現金化しても返済義務は出てくる

クレジットカード現金化は、商品買取りのシステムな為キャッシングでは無いので、申し込みの際に審査をする必要が無い為、ショッピング枠の空きがあるクレジットカードさえ持っていれば誰でもOKなのが魅力ではありますが現金化でも後々返済義務はやってきます。

ただし返済するのは現金化業者ではなくカード会社側になります。現金化の為業者が指定して来たとは言え結果だけ見れば自分が自分のクレジットカードでショッピング枠を使ってお買い物をしたと言う事に変わりがない為、カード会社からすれば使った分は返済してもらわないと困ります。

いないとは思いますがもしもここで未払いをするとカードの利用停止処分が下されるので、現金化する際は翌月に返済義務も生じてくると思いましょう。

ただし支払い形態に関してはお客様に一任している業者が殆どですので、自分のペースに合った支払い形態を選ぶ事は出来ます。

クレジットカード現金化はクレジットカード持ってさえいれば簡単に現金が手に入れて知っていればとても便利な方法ですが、落とし穴が全く無いと言う訳では無いですので利用する際には今日紹介した事を踏まえた上で行いましょう。

クレジットカード現金化の注意点や業者まとめ